<< NYLON100℃ 35th SESSION 「2番目、或いは3番目」、観に行くよ。きっと。 | main | 米ドラマ「24 twenty-four」シーズン8、最終回は2時間スペシャル。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.18 Monday |  | - | - | - | 

DEVO、20年ぶりの新作。ファン参加型企画「SONG STUDY」 の結果は如何に?

ついに、あのDEVOのニューアルバム「Something for Everybody」が6月15日にリリースされます!20年ぶりの快挙。
ダウンロード販売がスタートしている楽曲「Fresh!」「What we do」を聴く限り、非常にイキが良く、完全復活と呼んでも良いのではないでしょうか。今回iTunesStoreで販売しているEP「Song Study」には特典PVが付いていて、これが擬似ドキュメンタリー的な作りで面白いです。

devo_songstudy



米国のコメディドラマ「The Office」を彷彿とさせるカメラワークと素のリアクションが、オフビートな笑いを引き出してくれます。これらのクチコミを誘発するのに適した映像ネタを作成したり、アルバムに収録される16曲がファン投票によって決まるという趣旨も含めて、極めて「2010年代的」なアプローチといえそうです。「退化」と見せかけて実は「進化」している、いかにもDEVOらしい動きかと。


DEVOのオフィシャルサイト



DEVOといえば、ストーンズの「サティスファクション」を徹底的に解体したセンスが評価され、ニューウェーブの旗手として世界的な人気を獲得。70年代後半にデビュー以来、きわめて批評的で風変わりなポップ/ロックな音源を生み出し続ける長寿グループなのです。

スネークマンショーのコントにもDEVOに言及するセリフが残ってますし、BOOWY時代の布袋寅泰がオールタイムフェイバリットとして「Q:Are we not Men? A: We are DEVO!」を挙げていたり、頓知の効いたステージパフォーマンスやテクノな音楽性において「POLYSICS」が彼らの遺伝子を受け継いでいる状況など、DEVOの影響力はデビュー当時だけではなく今も間接的に作用していると思います。

で、前作「Smooth Noodle maps」の発表は20年前。当時洋楽など一切眼中になかった中学生だった自分は、ケラさんと加藤ケンソーの対談がライナーノーツで読めるというオマケに惹かれ、一か月の小遣いを全力投入して、このアルバムの国内盤(邦題:「DEVOのくいしん坊・万歳」はさすがにどうかと思いながらも)を買ったものでした。いやあ、時が経つのは早い。。

さて、6月23日にリリース予定とされる今回の国内盤には、どんな邦題がつけられるのでしょうか?
5月17日時点で、Amazonでは「未定」のままです。ハードル上がってますよーw

B003E838HM

JUGEMテーマ:音楽

2010.05.17 Monday | 13:49 | comments(1) | trackbacks(0) | ムジカ | 

スポンサーサイト

2013.03.18 Monday | 13:49 | - | - | - | 

■リ顔の子にぶっかけちゃった♪♪♪(^^)
ビュルルルッて出したら、チョー気持ちよさそうなイキ顔してた件wwww
初めて逆 ¥ 助したけど、これマジはまりそうだわwwwww
http://j8zzq3u.ahe.tirinuru.com/j8zzq3u/
| ぽこぺん星人 | 2011/02/26 6:51 AM |









Related Posts with Thumbnails