<< 日光東照宮〜宇都宮ギョウザの旅 | main | 『コーヒーブレイク、デイヴィッド・リンチをいかが』、読了。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.18 Monday |  | - | - | - | 

「次世代広告テクノロジー」、読了。

評価:
織田 浩一,高広 伯彦,須田 伸
(2007-07-31)

ネット広告を生業とする身としては、かなり楽しみにしていた一冊。

時事通信の湯川鶴章氏がファシリテートする座談会が秀逸。
mediologic 高広氏、Ad Innovator 織田氏、CAスダシン★氏のトークが採録されていて、個人的に参考になる Suggestion が多かった。

大手広告代理店を渡り歩いてグーグルに身を置いた高広氏の発言はすべからく
フェアかつオープンで、小手先の利益創出とは無縁の崇高なミッションを感じさせて
くれる内容。さしづめ「広告2.0界」(←適当)のエヴァンジェリストといった貫禄。

目次には、業界人なら一晩ぶっ通しで酒の肴にできそうなネタがずらりと
並んでいるわけで、各セグメントの現状をざっくり把握したい向きにはお薦めかと。

個人的には、CGMと絡めたバイラル系のマーケティング手法については、正直あまり面白みが感じられない(書籍の内容が、という意味ではなく)。これは自分がまだ当事者として面白がれてないところに起因してるのかも。「刺さるコンテンツ」を日々模索しているクリエイティブな領域には勿論リスペクトするけど、仕掛け段階での裏事情を知りやすい立場にあるせいか、どうも醒めてしまうんだなあ。

そして行動ターゲティング、アドマーケットプレイス、ピンポイントな動画広告。
このあたりの技術トレンドは海外事例を含めて定点観測しておくべきだな、と実感。
あとは国内の大手広告代理店・ASP陣営の力学がどう作用するか、見届けたいところ。
いずれにせよ、広告主の選球眼がさらに試される時代になるんですな。オモレエ。
2007.08.08 Wednesday | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 広告 | 

スポンサーサイト

2013.03.18 Monday | 01:23 | - | - | - | 









Related Posts with Thumbnails